TOP

プログラム一覧

AI・IoT
06/03 17:00 12/31 17:00

IoTを活用したLiB蓄電池電源の遠隔監視システムによる不具合予兆検出と劣化度合検出

弊社のLiB遠隔監視システムは、LiB組電池を構成している各Cellの動きを遠隔で監視する技術で各Cellの電圧・温度及び組電池に流れる電流等を検出し、それらのデータを無線通信で取得して独自のデータ処理を行い、データ解析を行うことで、正常な動作か否かを可視化して判断すると共に、不具合を引起す予兆を示すCellを事前に検知できるシステムです。弊社独自のデータ解析は、各Cellの劣化度合をも検出できます。
  • 株式会社EVTD研究所
    代表取締役
    小池 哲夫 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

コンクリート施工を新技術でイノベーション! ~持続可能な社会を目指して~

建設業界における主な課題にはインフラの老朽化、労働人口の減少、3Rの推進が挙げられます。その課題解決に有効な技術をご提案致します。
開発中の炭酸ナノバブル噴霧器『NCガード』は高濃度のナノサイズCO2バブルを含む水をコンクリートに噴霧する事で、炭酸カルシウムの形成を促します。これによりコンクリートの高密度化、低空隙率化、低吸水率化を図り、構造物の長寿命、強度保持へ繋げます。
また、4層構造により約7日間の追加散水不要と高い保水性を持つコンクリート養生シート『CURE-RIGHT』について、その試験データによる高品質の裏付けをご紹介致します。
  • 小泉製麻株式会社
    課長
    高畑 政典 氏
AI・IoT
06/03 17:00 12/31 17:00

後付け簡単振動センサによるIoT回転機器予知保全サービス【PAM-connect】

『PAM-connect』は、回転機器に取付けた無線振動センサーにより、状態監視と故障予知を行う、IoT回転機器予知保全サービスです。
部品交換、整備計画への活用、 継続的な測定による異常の早期発見が可能です。

クラウド上にシステムがあるため、いつでもどこからでも対象機器すべてのデータを手元の端末から管理できます。
小型無線センサーの採用により工事・配線が不要で、センサーとゲートウェイを取り付けるだけでサービスを利用開始できます。
現地に行かず人の手をかけず、安全に自動でデータ収集と見える化ができ、データ管理の大幅な簡略化により工数や人員を削減可能です。
  • 大平洋機工株式会社
    主任
    和田 麻美 氏
AI・IoT
06/03 17:00 12/31 17:00

中小企業における人工知能のあり方と導入・開発依頼のポイント 〜導入から運用で失敗しないために〜

コロナウイルスの影響、そして働き方改革で急速にニーズを増したIT技術。国内の中小企業における人工知能の導入率はどの程度だと思いますか?そして導入から運用にあたってはどんな課題があると思いますか?
中小企業における人工知能の導入状況をデータで見ていくとともに、人工知能投資を行う際にどんな点に着目すると成功するか、プロジェクト担当者と、経営者、現場の利用者の目線からお話します。そして、陥りがちな開発依頼方法の失敗例から、プロジェクトを成功に導く方法をお伝えします。
難しい専門用語なしでお話いたしますので、IT用語に詳しくない方も、人工知能について興味がある企業のご担当者様もぜひご参考ください。
  • 株式会社CreativeFlake
    代表取締役
    川島 なつ美 氏
次世代モビリティ
06/03 17:00 12/31 17:00

摩擦接合加工技術による、軽量化・マルチマテリアル・カーボンニュートラルの実現

回転摩擦接合により異径材及び、異材種を接合することにより、材料費、加工費の削減が可能です。又、丸棒とパイプ材の接合により軽量化を実現出来ます。
低温線形摩擦接合ではCFRPと軽合金の接合に成功し、ボルトやリベットの結合が必要無く、未来の接合技術となります。本加工技術を鉄系材料にて実施する事で低温での接合により、焼鈍工程を省くことが出来ます。
  • 東洋工業株式会社
    取締役 製造部門統括部長 兼 本社工場長
    南条 良典 氏
AI・IoT
06/03 18:00 12/31 17:00

現場DX実現によるコスト削減と早期対応~クラウドIoTを活用した自動化と遠隔操作

現場作業のリモート化は全て事務作業と違ってDXに難しい分野です。全てをDX化するのではなく、取り組む領域を判断することから始まります。DXはIT化は全く異なり、組織ごと変えてしまうような影響力があります。DXはIT化とは異なるビジネスに取り組めるため、新規事業との親和性が非常に高いことが特徴です。これを難しくしているのが、DX人材や社内ノウハウの不足ですが、弊社はその組織運営の改善自体にもお力添えして参りました。最初の一歩は”やると決め、小さく試して、育てていくこと”です。弊社は伴走型のプロジェクトが非常に多く、何のためにやるのかを何度でも振り返ります。ぜひ一度情報交換から始めさせてください。
  • フリースタイル・テクノロジー・ジャパン株式会社
    営業マネージャー
    岡本 光由 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

光触媒塗装による室内環境改善技術

①光触媒による室内環境改善効果の説明
 光触媒の基本的な特性と環境改善にどう貢献するかといったこと、またニーズや市場動向などについて解説します。

②弊社光触媒製品の説明
 特にLED照明でも効果を発揮する最新型ヒカリアクターを中心に製品ラインアップと特長や得られる性能についてデータを用いて解説します。新型コロナウイルスに対する抗ウイルス試験結果も報告します。さらに光触媒の使い方や塗付例などの実例も紹介します。
  • 株式会社カタライズ
    代表取締役社長
    早川 修 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

KAB(機能強化複合微生物群製剤)による有機産業廃棄物ゼロエミッション ~余剰汚泥ゼロの排水処理~

バイオレメディエーションはじめ、多機能的に環境対策で活用可能な技術として開発されたKAB(機能強化複合微生物群製剤)が、工場等から排出される有機産業廃棄物のゼロ化(または大幅な減容)を実現します。
KABは、排水処理で生じる余剰汚泥や加圧浮上で除去したスカム(油など)をはじめ、生産工程で生じる廃油や廃酸、廃アルカリ、さらには食品残渣を分解し、発生の阻止・抑制または工場内での処分により施設外への排出ゼロ化(削減)を可能にします。
有機産業廃棄物の排出ゼロ化(削減)、排水処理における処理水質の良化等を通じて、SDGsやライフサイクルアセスメントにおける脱炭素化の取り組みに貢献します。
  • 株式会社ジャパンフォーシーズンズ
    代表取締役
    本澤 武 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

省エネ大賞・中小企業庁長官賞受賞「暑い熱をガラスで止める省エネスプレーガラスコーティング」

夏季の太陽からの遮熱と、冬季の保温・結露抑制を同時に実現する、透明性に優れた厚さ2μmのコーティング技術。本技術は、赤外線・紫外線を吸収する金属酸化物の特性をベースにしている。ガラスに対して塗装した場合、紫外線を約90%カット、赤外線を約70%カットでき、フィルムが貼れない金網ガラスや、屋内外問わず施工できる特徴を持つ。4,658m2に使用した美術館の事例では、年間のエネルギー使用の18%、2,200,000kwhの省電力を達成した。
中小企業庁長官賞受賞(令和3年度(2021年度))。
  • 株式会社フミン
    代表取締役
    八木澤 勝夫 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

安全性の高い高性能バッテリーのご提案

弊社は「リチウム鉄リン系複合酸化物バッテリー」を日本で唯一取扱っております。同バッテリーは、バッテリーに釘を刺し穴が貫通しても膨張・発火することなく通電可能で、安全性に非常に優れています。また主材料が金属類(酸化鉄・銅・アルミ)のため、処分時も環境に優しい電池です。これからの二次電池として、爆発・発火事故等の安全性の課題、処分時の環境性の課題解決に有効な製品だと考えております。既存のバッテリー製品に安全性や環境性の課題を感じている企業様のご相談をお受けし、同バッテリーを提案していきたいと考えております。
  • AMITE株式会社
    常務取締役
    髙田 順也 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

旋回式微細気泡(マイクロバブル)発生装置の優位性と微細気泡技術の普及推進について

昨今のマイクロバブル技術は、シャワーヘッドなどのCMに取り上げられ、昔よりは周知されるようになってきている。西日本では周知の技術だが、東日本においてまだあまり知られておらず、普及には程遠い。これら普及には正しい知見と技術の使い方、製品が必要であり、各分野(漁業、農業、畜産、洗浄、美容、介護、医療、燃料など)への幅広い展開と可能性が示唆されるが、扱いが難しく信憑性と効果検証までのハードルが高い。プレゼンでは技術の重要なパラメータと根幹の考え方、効果の出し方について詳しく説明する。
  • アクアソリューションズ株式会社(有限会社石川酒店)

    佐藤 嘉 氏
医療・ヘルスケア
06/03 17:00 12/31 17:00

部材提供品のPR(人口股関節・人口膝関節・鋼製小物)

会社概要・沿革・得意先・設備概要・製品例などの説明
  • 桑名精工株式会社
    代表取締役社長
    竹内 敏夫 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

都市鉱山を活用した地産地消型環境舗装(透水性・保水性舗装)事業の紹介

地産地消モデルの透水性・保水性舗装は3種類です。
①火力発電所から発生するクリンカアッシュ(石炭灰)を活用した「くりんかロード」
②ガス化溶融焼却炉から発生する溶融スラグを活用した「りばーすロード」
③電気炉から発生する酸化スラグなどを有効活用した「KESロード」
都市型水害の軽減・防草・ヒートアイランド対策・景観創出等に寄与できる上記3舗装を一緒に展開して頂けるパートナーを募集します。
弊社事業はライセンス事業です。ライセンス契約を締結頂き施工業者となり自ら展開して頂きます。
弊社で試験実施済みのリサイクル骨材以外でも「この材料が使えるなら展開してみたい」などのご相談もお受けいたします。
  • 株式会社くりんか
    代表取締役社長
    楳木 真一 氏
AI・IoT
06/03 17:00 12/31 17:00

工程写真を活用した生産現場の可視化SaaSのご紹介

東京ファクトリーは製造現場向けSaaS「Proceedクラウド」を提供しているスタートアップ企業です。Proceedクラウドはこれまで活用されてこなかった工程写真をベースに製造情報のデータベースを構築することで、生産現場の可視化を実現し、外注先の効率的な管理や技術伝承を実現いたします。
現在大手プラントエンジニアリング企業様を中心に8ヶ国でご利用いただいております。
本プレゼンテーションでは実際のProceedクラウドを活用した生産現場可視化の手法について紹介をさせていただきます。
  • 株式会社東京ファクトリー
    代表取締役
    池 実 氏
環境
06/03 17:00 12/31 17:00

水が機械を動かす、地球にやさしいクリーンなエネルギー・水圧技術

当社の技術は「水道水」を利用した駆動技術です。油圧、空圧、電気などの代替えではなく、クリーンな作動流体の使用により環境リスクを最小化し、SDGs、カーボンニュートラル、CO₂発生ゼロなどに貢献する最適な駆動システムとして、現在、水圧シリンダ及び水圧パワーユニット装置などを設計、製造を行っております。主な市場として、食品機械分野、福祉・介護分野、防災、海洋開発、波力・浮力発電装置などにこの駆動技術が使われております。特に、オイルフリー駆動のため現在の原油高に対して極めて有効な駆動・水圧技術と注目されております。
  • 株式会社ADSムラカミ
    代表取締役
    村上 康裕 氏
次世代モビリティ
06/03 17:00 12/31 17:00

超音波接合による自動車部材のアルミ/鉄鋼異材接合技術の開発

熱交換器などの自動車部品を対象に、高周波誘導加熱と超音波振動を利用したハイブリッド固相接合法を開発した。
本手法では、大気中での固相接合が可能で、変形もほとんど認められない。また、20φmmのアルミニウム丸棒、アルミニウムパイプを接合できる。A1070材/SS400材の異種金属接合に本技術を適用した結果、以下のことが明らかとなった。
・超音波加振により、接合界面の酸化皮膜が破壊され、接合強度が向上する。
・インサート金属にAgを用いた場合は最も接合強度が高くなる。
・インサート金属にAgを用いて超音波加振を行った場合、A1070材側では共晶反応が起こり、SS400材側は拡散が促進される。
  • ソノヤラボ株式会社
    代表
    園家 啓嗣 氏
医療・ヘルスケア
06/03 17:00 12/31 17:00

振動衝撃が原因ストレス:騒音、各種製品の性能~品質低下を効率解消~貴社収益Upに貢献ソフトマテリアル

・振動/衝撃が原因ストレス~トラブルは、性能~品質&効率低下~収益低下要因の一つ。
・発生源の設置面~高速&遠方に固体伝搬が特徴から原因特定し難く、量販店に氾濫中の既存製品を安易に適用対策はストレス~トラブルが増長。
 これらを効率×永続的に解決技術(防振、制振、衝撃吸収)が高性能×多機能ソフトマテリアルengelook。
・既存技術(合成ゴム、バネ、圧縮空気、熱可塑エラストマ等)とは「似て非なるモノ」で、極めて高い安全衛生性と極寒冷~高温多湿、
 強烈UV直射の複合環境下で数十年相当の長期安定が特長~抜群のコスパ発揮。精密製品~物流、車載、スポーツ等の適用事例ベースに本技術を提案申し上げます。
  • 株式会社アブソラボ
    取締役COO
    小林 達也 氏
エネルギー
02/03 00:00 12/31 17:00

エンジンから発生する有害な排出ガスを限りなくゼロに近付ける

1)ガソリン、軽油、重油、天然ガス、LPGガスなどを燃料とする全てのエンジンに適合いたします。
2)新・旧のエンジンから発生する有害な排出ガスを限りなくゼロに近づけます。
3)経年使用エンジンのスラッジを除去し、オイルの汚れを防ぎます。
4)低回転時のトルクを向上させ、燃料を低減し、振動・騒音の発生を低減します。
5)エンジンを長持ちさせ、車両の購入サイクルを長くすることが可能です。
  • U-TEC株式会社
    代表取締役
    野口 博文 氏
エネルギー
02/03 00:00 12/31 17:00

使用済プラの排出元クリーンエネルギー利用による3つの効果~省エネ・省CO₂・省コスト~

プラスチック資源循環促進法施行前必見!!
『e-PEP システム』は、これまで再利用ができなかった汚れたプラごみや混合・複合プラを自社内で燃料化して、樹脂専用の特殊ボイラ (温水・蒸気仕様)にてクリーンエネルギー化。小型・高効率で既設設備に干渉なく接続が可能。
自社内エネルギー利用は化石燃料を削減し、環境負荷も最小限に抑えます。排ガス規制基準の1/40のクリーンな排気を実現。経産省ものづくり日本大賞の地域貢献賞や外務省のジャパンSDGsアワード、北海道新エネルギー大賞を受賞。

◆導入効果◆
年間約100トンの廃プラ排出抑制
年間約9万Lの既設ボイラの省エネ
最大290tCO2/年のCO₂削減
  • 株式会社エルコム
    常務取締役
    相馬 嵩央 氏
エネルギー
02/03 00:00 12/31 17:00

潜熱蓄熱カプセルで次世代のエネルギーマネジメントを

熱を一時的に蓄え必要に応じてその熱を取り出す技術を「蓄熱」と呼び、現在もさまざまに研究開発をされ家やビルの空調用途に多く採用が進みつつありますが、我々は空調用途などに限らず潜熱蓄熱剤が省エネルギー化に貢献できる用途が多くあると考えております。そのため弊社の既存技術でもあるマイクロカプセル化技術と合わせ潜熱蓄熱剤を多くの方に使って頂くべく開発を進め省エネルギー化に貢献することを次代の三木理研の使命とし取り組んでおります。プレゼンでは潜熱蓄熱剤の仕組みからマイクロカプセル技術との組み合わせ、使用事例の紹介などを予定しています。
  • 三木理研工業株式会社
    専務取締役
    三木 保人 氏